フォトフェイシャルは小じわに効果がある?

フォトフェイシャルはご存知の人もいると思います。
簡単に言うと、特殊な光を肌に当てる施術になります。
光を当てることで、お肌の真皮層に存在しているコラーゲンを増やします。
レーザー治療などがピンポイント的な狭い部分に使われますが、それに比べて、光は広い部分に照射することができます。
お肌のコラーゲンが増えることで、肌の保湿力がアップします。
それで、当然、張りのある肌になりますよね。
肌に張り出れば、どう変化するでしょう!?その弾力により、小じわが目立たなくなりす。
(笑顔)良いでしょう。
また、フォトフェイシャルの治療を続けることで、肌の中のコラーゲンが増加します。
その結果、その後は、しわの出来にくい肌になります。
(笑顔)そんな事で、しわ予防の化粧品などにはコラーゲン配合のものが多いのですね。
そうした浅いしわには、フォトフェイシャルが効果的です。
(笑顔)しかし、口元にできてしまった、深いしわとか、ほうれい線などは、難しいと言います。
これらのしわは、たるみから出来てしまっているしわになります。
深いしわの場合は、フォトフェイシャルのあと、ヒアルロン酸注入などが良いですね。
(笑顔)。
また、美容施術でボトックス注射も良いですね。
深いしわには有効ですよ。
(笑顔)