住宅ローンの固定と変動どちらがいい?

住宅ローンを組む時に一番気になるのは金利だと思います。
ローンの金利には大きく分けて固定金利・変動金利があります。
どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。
多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。
また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。
といった事もなく、どちらも公平な審査の元で行われます。
どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。
住宅ローンを組むためにはまず、どこの金融機関にローン申し込みをするか決めます。
銀行・ネットバンク・労金・信用金庫など住宅ローンを取り扱っている金融機関は数多くあります。
金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特に大きな物はありませんが、店舗がないネットバンクですと、取引はネットを通して行います。
実店舗に行かなくて良いのでとても好評です。
また店舗がない為、経費節約ができ、金利も低いのが特徴です。
ネットバンクはローン支払いを少なくしたい方や忙しい人達にとても人気がある住宅ローンです。
住宅を購入する事を考えていらっしゃる方も多いと思います。
購入に当たり住宅ローンを組まなくてはいけません。
住宅ローンは銀行や信用金庫、ネットバンクから組む事が出来ます。
住宅ローンを組む際には金利・審査・諸費用がかかります。
審査は、たいてい1週間前後で結果が解ります。
ローン金利は契約が終了した月の物が採用されます。
諸費用は、数百万単位が一般的で借入金額によって上下します。
マイホームが欲しい!と思っても自分の物になるまでこれらの事をこなしていかないといけません。
契約終了には約3.
4カ月かかる事が多いです。
毎月の住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金が出来る時もあるかと思います。
その様な事があったら、是非繰り上げ返済を検討して下さい。
繰り上げ返済は月々の支払いとは別のもので、ある程度まとまった現金を返済するやり方です。
繰り上げ返済をする事により、元のローン残金を減らす事が出来ますので、借入額を根本的に減らす事ができます。
借入額が減れば、月々の返済額も減る。
という事になります。
繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合があります。